presented by
Menu
ファン・ボイテン2得点

ドイツ代表、ノルウェーに敗れる

2009年の代表戦初戦、FCバイエルンの代表選手のなかで明暗が分かれた。ドイツ代表が敗退を喫するなか、とくにレコードマイスターのセンターバックが大活躍をみせた。一人は2得点を決め、もう一人はディフェンス面で輝きを放ち、そして最後の一人が世界記録を破った。

黒星スタートとなったのがフィリップ・ラーム、バスティアン・シュヴァインシュタイガーおよびミロスラフ・クローゼ。デュッセルドルフのLTUアレーナでミュンヘントリオはドイツ代表とともにノルウェー代表と対戦し、0:1で敗れ、同国に1936年以来の敗北となった。

逆にダニエル・ファン・ボイテンは明らかにいいスタートをきることになった。ゲンクでミュンヘンのセンターバックはベルギー代表とともにスロベニア代表と戦い、2:0と勝利した、同DFは2得点を挙げてマン・オブ・ザ・マッチとなった(21./86.)。