presented by
Menu
2012年までの3年契約

バウムヨハン、FCバイエルン移籍決定

アレクサンダー・バウムヨハンが今夏にボルシア・メンヘェングラッドバッハからFCバイエルンに移籍することが正式に決まった。同22歳はレコードマイスターと2012年6月30日までの3年契約を結んだ、移籍金なしでバイエルンにやってくる。

バウムヨハンが「どの選手もこのオファーが魅力あるものだと理解することができると僕は考えている。これを大きなチャンスと捉えている」とサッカー専門誌「キッカー」のなかでコメント。FCバイエルンのMF内の激しい競争を恐れることはない:「自分は何ができるか知っている、そして自分を信じているんだ。ミュンヘンでやっていくことができると思うよ、そうでなければオファーを受け取ることはなかった。いつかはチャンスをもらい、そのチャンスを活かさなければならない。」

オフェンシブハーフは2年前にFCシャルケ04からメンヘェングラッドバッハに移籍、両クラブでこれまでにブンデスリーガ18試合に出場した。前期のボルシア・パークでの2:2の一戦ではメンヘェングラッドバッハの1点目、ロブ・フレンドの得点をアシストした。8月下旬のブレーメン戦で、「月間ゴール」にも輝いた70メートルのドリブル突破からブンデスリーガ初ゴールを決めている。