presented by
Menu
補強ティモシュチュク

ヘーネス:「われわれは合意に達した」

FCバイエルン、来シーズンの補強を着々と進める。ウリ・ヘーネスが月曜、ゼーベナー・シュトラーセのプレスカンファレンスでFCバイエルンがアナトリー・ティモシュチュクとミュンヘン移籍について合意したことを公表した。バイエルン取締役:「われわれが7月1日から彼をミュンヘンに迎えられることを私は確信している。」

目下のところ疑問点になっているのはティモシュチュクがミュンヘンに移籍してくる時期である。「われわれは選手と合意に達した、だがまだ移籍時期についてサンクト・ペータスブルクと合意に達していないんだ。彼が4月からくることができるのか、または来なければいけないのか、そして7月1日からなのかとまだ不明な点がある」とヘーネスは報告。というのもロシアではシーズン時期が異なるからである – 当地では3月から12月の春秋制 – そして移籍時期もまた異なる。

4月または7月 – ヘーネスはいずれにしてもウクライナ代表がマルク・ファン・ボンメルと共存することになると確信している。「個人的に依然としてマルクをミュンヘンに留めることができると思っている」とヘーネスはコメント。主将の契約は今シーズン終了時に満了する予定、FCバイエルンは同31歳MFにすでに来シーズンに向けてオファーをだしている。

ヘーネスはファン・ボンメルに決断のために考える時間を与えることになると示唆、「圧力がかかっていると感じさせたくないからね。もし彼がバイエルンを選択すればとても嬉しいことだ。もし彼が退団することを決断すればそれはそれでわれわれは理解を示すことになるだろう。だけどわれわれの第一の目標は、われわれが彼にミュンヘンに留まってほしいという気持ちを彼に伝えることだ。」