presented by
Menu
「時間の問題」

FCバイエルン、首位を視野に入れる

今季ここまでなかなか首位奪取といかないレコードマイスターはすでに第5、16、17および18節と4度に渡り、2位から首位に躍りでようとしていた、今週末には5度目の機会を迎える。首位のホッフェンハイムは勝ち点1ポイント差でFCバイエルンをリード、同チームは金曜夜にレヴァークーゼンと対戦することになる。ホッフェンハイムが5位のレヴァークーゼンにポイントを明け渡すようなことがあれば、FCバイエルンは土曜午後にベルリンで首位の座を奪取することができるかもしれない。

次なる大きなステップ?

ミヒャエル・レンジングがfcbayern.deに「僕らは順位表がどうなっているか分かっている」とコメント。そのためバイエルンに特別なモチベーションはいらない。FCバイエルンGKは「もう追走しなくてもいいようにできるだけ早く首位になるつもり」と強調、「そうすればほかのチームが僕たちの方を向かなければいけなくなる」と続けた。

クリスティアン・レルはベルリンで「先週のように大きなステップ」となることを期待している。FCバイエルンは先週末、上位5チームのなかでは唯一勝ち点3を奪い、2位に浮上した。ユルゲン・クリンスマンは「われわれはホッフェンハイムの近くにいる。われわれは彼らにつきまとい、この数週間で追い抜くつもりだ」と試合後にコメント。