presented by
Menu
22日間で7試合

FCB、英国週間に燃える

バイエルン選手は火曜、トレーニングセンターで筋力トレーニング、水曜に芝生上で重りを引き、ダッシュおよびチューブを用いたトレーニングで汗を流した- もう一度、力とキレを培うためのトレーニングを消化。というのもユルゲン・クリンスマンと彼のチームは土曜の1.FCケルン戦を皮切りに3週連続の英国週間の冬の熱き戦いをスタートさせることになる。

クリンスマン監督は「肉体的にわれわれはベストに準備ができた」と22日間で7試合の連戦を前にfcbayern.deにコメント、この7試合がシーズンを決めることになるかもしれない。とくに欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦スポルティング・リスボン、DFBカップ準々決勝バイヤー・レヴァークーゼン戦およびブレーメンでのブンデスリーガ古豪対決と大切なゲームが続く。

「われわれは大切な週がやってくることを知っている」と述べた。しかしバイエルンに不安はない。マルク・ファン・ボンメルは「それの反対」と強調、「間隔があかずに試合ができることはとても嬉しいこと」とも語った。3日おきにバイエルンは試合をこなすことになる。「われわれはできる。3大会でプレーすることは慣れているからね」とファン・ボンメル。