presented by
Menu
ハノーファー戦のコメント

クリンスマン:「目標はマイスター」

FCバイエルンは7日、ハノーファー96に5:1と順当に快勝、ブンデスリーガでは2位に浮上。ユルゲン・クリンスマン監督は今後の試合に向けて方向性を定めた:「まだ11試合ある、われわれはドイツマイスターになるために全ての可能性があると思っている。」




コメント一覧:

ユルゲン・クリンスマン:「雰囲気はベスト。われわれは今日勝たなければいけないと分かっていた。それがうまくいったと考えている。われわれは今日、簡単にプレーし、コンパクトなハノーファー相手に辛抱強く戦った。失点した後にもチームは慌てずに、得点を奪おうとしていた。ルーカスが今日、ゴールを決めて、パス交換でも再三に絡んだことが私は嬉しかった。ミロスラフ・クローゼと彼は一試合中、休むことなく動き、2人ともゴールを決めたんだ。もちろんこれがFWにとっては特効薬だよ、われわれはマイスターになるつもりだからね、それが自分たちの目標だよ。ここで気を緩めたりはしない。首位を走るヘルタを追い越さなければいけない。そこでわれわれは精一杯の努力をすることになる。まだ11試合ある、われわれはドイツマイスターになるために全ての可能性があると思っている。」

ディーター・ヘッキング(ハノーファー監督):「早い時間帯に1:0とした。もしかするとそのときに大丈夫だという気持ちが強過ぎたのかもしれない。セットプレーから4失点を喫すれば、われわれのポジショニングはどうだったのか、バイエルンは何をしたのかと自分たちに問いかけなければいけない。彼らにほかの得点機があったのは別としてね。だがこのように失点するのでは、簡単すぎるよ。」