presented by
Menu
ブレーメン – バイエルン

スコアレスドローのコメント

FCバイエルンは75分間もの間、数的有利にプレー、しかし最後にはレコードマイスターは勝ち点1ポイントで満足しなければならなかった。ユルゲン・クリンスマンは「後半は得点を奪うだけの押しが十分ではなかった」と0:0の後に不満を呈した。そしてティム・ボロフスキーもこう述べた:「ゴールへの欲望が欠けていた。」



コメント一覧:

ユルゲン・クリンスマン:「後半は得点を奪うだけの押しが十分ではなかった。それでも満足していないことはない。もちろん勝ち点3を奪いたかった、だけど0:0で戻ることは悪い結果ではない、それが小さなステップだとしてもね。勝ち点1とともにここを去ることが大切なんだ。タイトル争奪戦は最終節まで続く。もちろんもっと上位に立っていることにこしたことはない。だけどそこに向けてわれわれはやっている、集中を切らさず、第34節で首位にいることを望んでいる。」

ハミト・アルティントップ:「自分たちは順位をみるべきではないよ。単純に監督が自分たちから望むことを実践しないといけないんだ。とくに相手の嫌がるプレーがまたできるようにしないといけない。とても慎重で、優しすぎだよ。」

ティム・ボロフスキー:「ゴールへの欲望が欠けていた。いくつかのチャンスを作りだせた、だけど、ブレーメンもこれにしっかりと対抗して、いくつかいいセーブをみせたいいゴールキーパーがいた。自分たちには少しのツキが今日は欠けていた。」

クラウス・アロフス(ヴェルダーGM):「退場により試合全体がうまく回らなかった。われわれはイメージどおりに攻撃できなかった。バイエルンはとても多くのゴールチャンスがあった。後半はいくらか良くなった、だけど本当に運があったらこういう試合も勝ってしまうんだ。今日は士気で勝った、これはチームにいい効果を与える。すばらしいチームの出来で、彼らは敗戦を食い止めた。これが今後の数週間に希望をもたらせてくれる。」

トーマス・シャーフ(ヴェルダー監督):「チームは1人退場してから75分間、敗戦を食い止め、そのなかでも何回かチャンスを作りだしたんだ- これ以上を期待することはできないよ。」