presented by
Menu
嬉しい成長

ソサがチャンスを活かす

観衆は今、何をするべきか分かっていた。ホセ・ソサが後半27分、アンドレアス・オットルと交代するときにタッチラインへと歩んだときに、同アルゼンチン人は観衆から多くの拍手で迎えられることになった。完売のアリアンツ・アレーナでピッチを去るときにこのように迎えられるのはフランク・リベリーだけである。しかし、この拍手は然るべきものだった。

ソサは前半34分、リベリーのスルーパスからFCバイエルンに1:0をもたらした殊勲者だった。23歳のFCバイエルン公式戦初ゴールはカールスルーアーSC戦のホーム戦勝利の大事な勝利弾となった。

ユルゲン・クリンスマンは試合後、「われわれはソサがとてもいいパフォーマンスをみせたこと、そして彼が初ゴールを決めたことをとても喜んでいる」とコメント。ウリ・ヘーネスも今季、注目されなかったMFが躍動したことを喜んでいた。「これまで彼はゴールゲッターではなかったんだ、だから彼の分もとても嬉しく思っている」とマネージャーはfcbayern.deの問い合わせに答えた。

ソサはゲームの中で急成長する典型的な例である。ウィンターブレイク中にアルゼンチン人は試合経験を積むためにレンタル移籍される予定だった。パレルモへの移籍は最後の交渉で失敗に終わった。ミロスラフ・クローゼが先週末、ボーフム戦で負傷退場したときに、クリンスマンがソサをピッチに投入 – 同選手はそこで自身のベストゲームを披露。

ソサはKSC戦、勝利弾以外にも積極的にプレー。ヘーネスは「彼はわれわれが彼を獲得した理由を示した、私は彼の成長にとても満足している」と殊勲者についてコメント、同選手はメディア内ですでに獲得失敗とされていた。ヘーネスは一週間前にこうコメント:「彼の移籍が冬にうまくいかなかったことを喜んでいる。」

ソサ、順応に時間がかかる