presented by
Menu
ハノーファー戦4選手欠場

バイエルン、連勝スタート宣言

FCバイエルンはDFBカップで敗退後、全ての力を結集して、ブンデスリーガで勝者の道へと戻るつもりだ。過去5戦でわずかに1勝後、土曜のハノーファー96とのホーム戦(15時15分からFCBライブテレタイプとFCB.tvのWebラジオで試合中継)では22度目のマイスタータイトルの可能性を残すためにも勝利が絶対に必要となる。

カール=ハインツ・ルンメニゲ代表取締役社長は「土曜日は勝たなければいけない。ファンの信頼を取り戻し、われわれの目標を達成するためにもブンデスリーガで安定することが大切」と現在12位のハノーファー戦で「勝ち点3」を厳命。ルンメニゲは「FCバイエルンが依然として連覇をするチャンスが大いにあると確信している。」

カップ戦準々決勝レヴァークーゼン戦で失望のゲーム内容後、ユルゲン・クリンスマン監督も、ほぼチャンピオンズリーグ(CL)ベスト8進出を確実にするなかでも早急に改善する点があるとみている。「選手の頭の中はCLの魅力で一杯、しかし、CLのほかにブンデスリーガを怠ってはいけない」と同44歳はいう。「ブンデスリーガでは敵を倒すのに数パーセント欠けている。95%では機能しない。」

ハノーファー戦を機に待ちわびた連勝をスタートさせる予定、そしてその延長線上には成功ある連覇が待つ。「チームは今シーズン、すでに彼らのもつ能力を十分に示してきた。が、すでに数ヶ月前から話をしているコンスタントさがまだない。これが今、でてくることを私は望んでいる。というのもわれわれを前へと導くためにはブンデスリーガで連勝が必要なんだ。」

ハノーファー戦、4選手欠場