presented by
Menu
言葉ではなく、勝利で示す!

バイエルン、首位に向けて邁進

ハノーファー戦5:1、スポルティング・リスボン戦7:1、そしてVfLボーフムで3:0 – FCバイエルンは8日間で3勝15得点2失点の成績を収めた。カール=ハインツ・ルンメニゲは土曜、「感銘させるカムバック」とボーフムで「然るべき勝利」(ユルゲン・クリンスマン)後に確信していた。ルンメニゲは「とてもいい1週間だった」と語った。

故障のフランク・リベリー、ルカ・トーニ、ハミト・アルティントップとティム・ボロフスキー抜きでの戦いだった。クリンスマン監督は「ハノーファー、スポルティング、ボーフム – すばらしいチームのパフォーマンスだった。チームはすばらしいクオリティーをみせ、欠場を補った」と喜んだ。

連勝前は選手状況だけでなく、チームの戦績も振るわなかった。レコードマイスターはレヴァークーゼンでDFBカップ敗退、ブンデスリーガでは5位に転落していた。しかし、この状況の中で、チームに秘める魂を示すことになった。ミヒャエル・レンジングは「レヴァークーゼン戦の後に集まって、意見を言いあったんだ」と報告、「そこで気持ちを切り換えなければいけなかった。」

逸出したパフォーマンス