presented by
Menu
W杯予選

バイエルン8選手、W杯南ア大会出場目指す

バイエルンプロ選手ルシオが史上最速でアリアンツ・アレーナを後にした。カールスルーアーSC戦が終了して10分も経たぬ間に、同ブラジル人はシャワーを浴びてすぐに彼の車にのり込んで発進した。わずか数分後にはマルティン・デミチェリスが彼の後を追った。両センターバックの目的地は:ミュンヘン空港、ここから同2選手は土曜夜、南米に出発した。

バイエルン2選手は代表チームとともに2010年のW杯南アフリカ大会予選突破に向けてポイントを懸けて戦うことになる。ルシオは今週の日曜、5度の優勝を誇るブラジル代表とキトでエクアドル代表と対戦し、3日後には『セレソン』はポルト・アレグレでペルー代表を迎える。

デミチェリスはホームゲーム

マルティン・デミチェリスとアルゼンチン代表にとっては特別なホームゲームとなる。同代表は土曜、ブエノスアイレスでベネズエラ代表と対戦する。同ゲームはデミチェリスの古巣クラブのリバープレートのホーム、『エスタディオ・モヌメンタル』で行われる。3日後には標高3600メートルの高地ラパスでボリビアと戦うことになる。

南米予選ではブラジル(勝ち点17)とアルゼンチン(16)は首位のパラグアイ(23)に次いで2位と3位。ホーム&アウェーの総当たりリーグ戦を行い、上位4チームがW杯南ア大会行きを獲得、南米5位は北中米カリブ海4位とプレーオフを戦うことになる。