presented by
Menu
「選手を称えたい」

ボーフム戦勝利のコメント

3:0で快勝、2位の座を守り、首位ヘルタBSCベルリンを追いかける - FCバイエルンは土曜夜、満足してボーフムを後にすることができた。ユルゲン・クリンスマン監督は「今日の出来は上々だった」と喜んだ。ボーフムのダニエル・イムホフは「バイエルンは今日、単純にわれわれよりも一枚上だった」と認めざるをえなかった。



コメント一覧:

ユルゲン・クリンスマン:「今日の出来は上々だった。とても冷静で、とても慎重だった。チームはゲームにとても集中していた。われわれはボールを早く動かすつもりだったんだ。始めはボールが回るまでに少し時間がかかったが、次第に良くなり、感銘させるものだった。ここでは選手を称えなければならない。われわれはヘルタも勝利したこと、そして差が縮まらなかったことを知っている。だけど引き続き首位に圧力をかけていくつもりだ。」

フィリップ・ラーム:「今日の勝利は逸出していた。僕たちは先制した後、ゲームをコントロールしたんだ、10人相手だったのでいくらか容易だった。僕たちはボールを自陣でしっかりと保持していた、自分たちのパス交換は良くなったよ。これだったら相手もなかなかチャンスを得られない。」

マルセル・コラー(VfL監督):「われわれはダブロウスキからこの試合最初のビッグチャンスを得た、だけどこれがゴールとはならなかった。その後にバイエルンは彼らのファーストチャンスから先制したんだ。これが違いだ。バイエルンはプフェルツェルの退場後、ゲームをよりコントロールして、われわれにとっては難しかった。」

ダニエル・イムホフ(VFL選手):「バイエルンは今日、単純にわれわれよりも一枚上だった。ハーフタイムまでは0:1、だけどレッドカードの後、試合は終わっていた。われわれがバイエルンに勝つなんて誰も想定していなかった。われわれはこれを今、忘れなければならない。次節はグラッドバッハ戦、そこでは残留を懸けての戦い、勝ち点を奪わなければならない。」