presented by
Menu
あと3点

ポドルスキー、トップテン入り前

ルーカス・ポドルスキーが代表復帰、そしてリヒテンシュタインおよびウェールズ戦を通じてドイツ代表得点ランキングでトップテン入りを果たしそうだ。同FWは水曜日にライプツィヒで、「この数ヶ月は自分にとって楽なものではなかった。だけどまた自信を培うことができた。いいプレーをすること、ゴールを決めること、自分たちをW杯に向けて前進させるために全てを尽くしたい」と語った。

ポドルスキーはここまで代表戦60試合で31ゴールを挙げている。彼はゲルト・ミュラーが68得点でトップの得点ランキングでは13位。同23歳のFWはリヒテンシュタインとウェールズ戦での3ゴールでクラウス・フィッシャー(32)とフリッツ・ヴァルター(33)を抜く可能性がある、そして10位のウルフ・キルステン(34)に並ぶことになる。

楽しめる要因はピッチにある

ポドルスキーはケガによる戦列離脱およびFCバイエルンでのミロスラフ・クローゼおよびルカ・トーニのリザーブ役の後、再び体調は万全になり、楽しんで彼の仕事に専念できている。「ピッチに立てれば、楽しめる要因はいつもそこにある」とポドルスキーはコメント。