presented by
Menu
号砲としての勝利

FCバイエルン、タイトル争奪戦にカムバック

バイエルン対ハノーファー、前半25分、FCバイエルンがタイトル争奪戦にカムバックしたときだった。ミロスラフ・クローゼがレコードマイスターに2:1となる勝ち越し弾をヘディングでもたらした、そしてファンはこの覚醒に強く確信することになった。「ドイツマイスターになるのはFCバイエルンだけ」- ファンの雄叫びがアリアンツ・アレーナに響き渡った。

バイエルンはピッチ上でこの雄叫びをシーズン最多得点で証明した。FCバイエルンはハノーファー戦、5:1と勝利して、3日前のカップ戦敗退(レヴァークーゼン)を挽回しただけではなく、ブンデスリーガで3試合ぶりの勝ち点3を奪うことになった。FCバイエルンは5位から2位に浮上、首位ヘルタBSCベルリンに勝ち点4ポイント差となった。

「このまま上へ」

ユルゲン・クリンスマンは「マイスターになる全ての可能性がある。ヘルタにプレッシャーをかけるために全力を尽くすことになる」と「圧勝」した後に戦闘宣言。「まだ11試合ある。(マイスターになれるかどうかは)われわれ次第」と同監督、チームに「連勝」スタートを指令した。すでにハームタイム時にチームを称賛したウリ・ヘーネスは「このまま上へとやっていくことが大切」と述べた。

ハノーファー戦は前期のカールスルーアーSC戦と同じく、FCバイエルンの追撃の号砲となる一戦だった。フィリップ・ラームは「今日は勝たなければならなかった一戦」と言えば、ミロスラフ・クローゼは今日のゲームを「小さなステップ」としてしか捉えていなかった。「ハノーファーを傷つけるつもりはないが、今日はあまり多く要求されなかった。」

チームとして勝利

少なくとも前半25分からバイエルンペースとなった。ダニエル・ファン・ボイテンが「自分たちでまた苦しめてしまった」と言うようにミュンヘンは試合序盤、先制を許すことになった。イルジー・シュタイネルが敵チームに先制ゴールをもたらした(15.)、が、ファン・ボイテン(20.)、クローゼ(25.)とハミト・アルティントップ(34.)が短時間でゲームをひっくり返した。ルーカス・ポドルスキー(73.)とマルティン・デミチェリス(89.)がその後、追加点として2得点奪った。