presented by
Menu
ルンメニゲ、バルサ戦前:

「チームは奮闘しなければならない」

ヴォルフスブルク戦を忘れ、バルセロナ戦に集中 – これがチャンピオンズリーグ準々決勝を2日後に控えたFCバイエルンの合言葉だった。カール=ハインツ・ルンメニゲは月曜、「われわれは2日間、苦しむことになった、バルセロナで立ち上がることを試みる」とコメント、同氏はもちろん知っていた:「このミッションはインポシブル、だがわれわれは経験上、サッカーでは奇跡またはセンセーションが起こると知っている。」

FCB代表取締役社長はこの奇跡のために水曜夜のカンプノウで、選手から反骨心を要求する。「チームが奮闘することをもちろん期待している」と彼は強調、「チームにかかっている。チームは責任を引受けることになる。」

クリンスマンを援助

ユルゲン・クリンスマン監督も前日に同じことを求めていた:「一人一人に責任があり、そして責任をとらなければいけない。私は10ヶ月間、責任をとってきた。」ルンメニゲも同じことを考えていた:「監督は公の場で十分にバッシングを受けた。チームがピッチ上にいるんだ。」

クリンスマンがヴォルフスブルクで1:5と敗戦後、選手をもはや擁護しなかったことについてルンメニゲは理解を示した。「私は彼の方向転換を理解できる。チームにいくらかより重圧をかけることはとても賢いと判断している。」

「しっかりと把握することになる」

監督同様に代表取締役社長もこの数週間で、「選手個々がこの重圧のかかる状況でどう対応するのか、そして真相をしっかりと把握するつもりだ。」クリンスマンはすでにこう言っていた:「選手はいつか決断が下ることを知っておかなければいけない。」