presented by
Menu
計算のできる2選手

オットルとソサが実力を証明

アンドレアス・オットルとホセ・エルネスト・ソサがFCバルセロナとの第2戦(1:1)で勇敢なプレーを魅せた。ユルゲン・クリンスマンはすでに以前から同2選手のクオリティーに期待していた。オットルとソサはマイスター争奪戦終盤、責務をしっかりと果たし、計算のできる選手へと成長した。クリンスマンは「サッカーの中ではほかの選手のケガによりポジションが空くことはある、ソサはそのポジションを手にすることになった。アンディ・オットルも彼のポジションを手に入れようとしているところだ」とこの数週間の2人のヤングスターの躍動を喜んだ。

とくにソサはいくらか驚くほど急成長している。同アルゼンチン人はFCバイエルンに順応するまでに時間がかかった。同23歳は冬、試合経験を積むためにレンタル移籍の予定だった。が、パレルモへの移籍は決裂に終わった。クリンスマンは当時、「状況が変われば、ここで出場機会がある」と彼を励ましていた。

監督が大絶賛