presented by
Menu
「タイガー」

ゲルラント、アシスタントコーチ就任

ヘルマン・ゲルラントは、90年から95年まで5年間FCバイエルンに在籍した後、2001年より再びFCバイエルンのサテライト監督として指揮をとっている。91/92シーズンには、今回と同じくトップのアシスタントを任されていた。

生まれながらにして指導者

ゲルラントは、すでに多くのプロチーム(VfLボーフム、1.FCニュルンベルク、アルミニア・ビーレフェルト)で監督として指導にあたってきた、しかし、彼は彼の使命をFCバイエルンIIにみつけたようだ。彼は自身について、「育てることが自分にはほかの何よりも合っているようだ」とコメント。彼の大きな成功は、レギオナルリーガ(98年:テニス・ボルシア・ベルリア、2004年:FCBII)を2度制したこと、またはDFBカップ決勝進出(88年:ボーフム)したことよりも、多くのブンデスリーガ選手を輩出したことだ。

フィリップ・ラーム、バスティアン・シュヴァインシュタイガー、ズベズダン・ミシモビッチ、ピオトル・トロコフスキ、パオロ・ゲレーロそしてマッツ・フンメルスらも、ゲルラントの下でスパルタ教育を受けて育った。ゲルラントは、「ブンデスリーガに定期的に一人の選手を輩出できることはいい感じだ」と述べた、「FCバイエルンでトップ昇格させれば、もっといい感じだけどね」とも続けた。

厳しいが、誠実

ゲルラントは将来性のある育成選手に容赦なく、しかし誠実に接している。ゲルラントは、「選手を伸ばそうとしているんだ」とコメント。彼は彼の選手から、「熱狂」を期待する – 同監督が熱いように。ゲルラントは意味もなく、「タイガー」の異名をとっていない。グリューヴァルダー・スタジアムのタッチライン際で彼の姿をみたことがある人は、どうして彼が「タイガー」なのか分かるだろう。