presented by
Menu
「痛い敗戦」

シャルケ戦のコメント

FCバイエルン、リーガ第29節でシャルケ04に敗れた。レコードマイスターは長い時間帯に渡って、ゲームを制していた。しかしシュートの際に、強引さに欠け、シャルケの驚きの先制後に同点とすることができなかった。マルク・ファン・ボンメルは、マイスターはまだ決まっていないと口にした:「マイスター争奪戦では後退、だがまだ終わっていない。」


コメント一覧:

フランツ・ベッケンバウアー:「一試合、一試合を考えて、ラスト5試合に勝たなければならない、少なくとも2位になり、来シーズン、チャンピオンズリーグでプレーできるようにね。というのも、もしヴォルフスブルクがコットブスに勝利すれば、彼らを追い越すのはとても難しくなる。」

ユルゲン・クリンスマン:「多くのことを果たそうとしていただけに、とても痛い敗退だ。始めの20分間、抜群のスタートをきり、ゲームを制し、プレッシャーをかけて、何度かチャンスを作りだしたんだ。そして突然、あのコーナーキックから1:0と先制されたんだ。その後、シャルケは全力でリードを守ったんだ。われわれはより決定機なチャンスを作れないばかりか、同点にすることもできなかった。もちろん憤慨しているし、少しばかり失望してもいる。しかしまだ5試合ある、ヴォルフスブルクがコットブスでどうなるかは誰も分からないんだ。われわれは残りの試合で、われわれが獲得できるポイントを全て得ることになる。」

マルク・ファン・ボンメル:「結果は良くない。試合に勝つために、全力を尽くしたんだ。シャルケは一つのコーナーを得点に繋げた、そのほか、チャンスはなかったんだ。自分たちにはいいチャンスがあった、だけどゴールを奪わなければならないんだ。これはマイスター争奪戦では後退、だがまだ終わっていない。ポジティブに考えないといけないんだ: 今日の結果は良くなかった、だけどパフォーマンスは悪くなかった。」

マイク・ビュスケンス(シャルケ04監督):「私の選手たちは今日、パーフェクトな戦い、そしてとても必死にやってくれた。われわれは試合前、ここでブレーメンおよびケルンに次いで、勝ち点3を奪う3番目のチームになりたかったんだ、それが成功したんだ。重圧があったのは、今日はバイエルンの方だ、期待感は非常に高いからね。われわれはバイエルンにプレーさせるスペースをあまり与えず、一点奪ったんだ – それで(勝つには)十分だった。」