presented by
Menu
「彼らを信用してはならない」

バルサ、モチベーションの高いバイエルンを想定

リーガでは後続に勝ち点6ポイントリード、国王杯では決勝進出、そしてチャンピオンズリーグ(CL)ではベスト8 - FCバルセロナは今季、歴史的成功を収めるかもしれない。ヨーロッパのクラブでは5チーム目としてカタルーニャのチームは3冠を目指し、特に永遠のライバルでもあるレアル・マドリードに対し、バルサの強さを誇示するつもりだ。これまでにこの栄冠を達成したのはマンチェスター・ユナイテッド(1999)、PSVアイントホーフェン(1988)、アヤックス・アムステルダム(1972)とセルティック・グラスゴー(1967)。

恐らく世界で最強の攻撃陣(公式戦46試合で125得点)とスペイン一堅固な守備陣(29試合24失点)がカタルーニャ全体に3冠の夢を抱かせる。スペイン紙の「El Periódico」はFCバイエルンとの一戦前に、「バルサのサッカーは非常に完璧に近い」と報道。クラブ会長のジョアン・ラポルタは「azulgrana」(青/赤)のゲームを世界恐慌のなかで「最大の活気づけ」と捉えていた。

バイエルンに「大きなリスペクト」を払う