presented by
Menu
「FCバイエルンに接触」

パートナーのHVBで練習会開催

マルク・ファン・ボンメルとチームメートらが練習後、驚異的なスタミアをみせた。バイエルンスターを辛抱強く待ち続けていたファンが、ロッカールームまでの道のりに立ち並んだ。ユルゲン・クリンスマンと選手は、手が熱くなるまでサインサービスに応じた。魅惑的な午後の大きな「クライマックス」となった。

バイエルンの特別協賛企業HypoVereinsbank(HVB)がHVBクラブスポーツセンターにおいて、「FCバイエルンに接触」をモットーに、2006年に続いて2度目となる練習会にレコードマイスターのチームをゲストとして招待した。500人以上のHVBの従業員および彼らの家族らがこの機会に、身近でルカ・トーニ、フランク・リベリー、フィリップ・ラームそしてほかのバイエルンスターらを見て驚くことになった。

10対10を含む75分間のトレーニングが観衆を魅了することになった。ユルゲン・クリンスマン監督は、負傷しているミヒャエル・レンジング、リハビリ中のミロスラフ・クローゼそして休養をとったルシオを除く全メンバーを完璧に整備されたピッチに送りだした – 若手のホルガー・バドシュトゥバーとトーマス・ミュラーも参加。

ハミト・アルティントップは、「いい気分転換」とトレーニングについて語った、同トレーニングはスタジアムアナウンサーのシュテファン・レーマンの司会により、ユーモアに語れた。代表DFのフィリップ・ラームは、「あまり機会がないことなので、いつも喜んでやりたいね。多くの人が観てくれて、楽しいね」と述べた。この後、12人の子供たちは、2人のGKヨルク・ブットおよびトーマス・クラフトも入ったトレーニングマッチを堪能することになった。ユルゲン・クリンスマンが両チームを指導することになった。