presented by
Menu
「本当に勝利に値する勝ちだった」

ビーレフェルト戦勝利のコメント

アルミニア・ビーレフェルトでFCバイエルンは快勝とはいかず、しかし大事な勝利だった。レコードマイスターは首位ヴォルフスブルク(2:1対レヴァークーゼン)を追走する。フィリップ・ラームが試合後、「アウェー戦に勝利したことは、上位にいるためにもとても大事だった – どう勝ってもいいんだ、勝ち点3を奪うことが大切」と述べた、そしてウリ・ヘーネスもこうコメント:「本当に勝利に値する勝ちだった。」


コメント一覧:

ウリ・ヘーネス:「今日は、本当に勝利に値する勝ちだった。後半は、4、5度と絶好機があった。この試合に勝てなければ、致命的だった。ラスト5分は苦しいものだ、多くのビーレフェルトのセットプレーから、1点入るかもしれないからね。もし(1点)入っていれば、このようなゲーム後、恐ろしいことになっていた。まだホーム4試合、アウェー2試合と6試合ある。われわれはマイスターになるチャンスを得るためにできるだけ多くのゲームに勝たなければならない。われわれは今、アウェーで一試合行い、ヴォルフスブルクはホームで一試合行った、これによりわれわれのマイスター(獲得)チャンスが、ほんの少し大きくなった。」

ユルゲン・クリンスマン:「ヴォルフスブルクを追走するのに勝ち点3が必要だった。次節と次々節はホームゲーム。そこで最高のポイントを獲得するつもりだ。いつかはヴォルフスブルクもとりこぼすことになる、そこで追い抜くつもりだ。われわれは自分たちの任務を行わなければならない、そうすればいつかは首位になれる。」

マルク・ファン・ボンメル:「いいゲームではなかった。ビーレフェルトが始め、絶好機があったんだ、だけどその後に、われわれの方がより得点機があった。チャンスを数えると、自分たちは勝利に値するチームだ。」

フィリップ・ラーム:「アウェー戦に勝利したことは、上位にいるためにもとても大事だった – どう勝ってもいいんだ、勝ち点3を奪うことが大切。いいサッカーが今日はできなくても、僕たちはチームとして相手を圧倒したんだ。シーズン終盤は、単純に勝ち点3で、満足できるんだ。」

ヨルク・ブット:「ここでの一戦がとても、とても難しくなると分かっていた。アルミニアはとても後方に下がり、カウンターにより、何度かチャンスがあった。これも分かっていた、ハーフタイムにもう一度、我慢のプレーを続けて、自分たちのチャンスを得るんだと話したんだ。後半終盤には、ゲームを早くに決めることができていた – だけどそれはどうでもいいこと。1:0で十分だ。勝ち点3はとても大切だった。もちろんヴォルスブルクがシュトゥットガルトに引き分けていれば、良かったんだけどね – だけど自分たちは自分たちのゲームに勝たなければならない。」

ミヒャエル・フロントツェック(ビーレフェルト監督):「われわれはこの試合で全てをだした。おろかな失点で敗れるとなると、より苦いものとなる。これで4連敗、(この敗戦は)実際、必要のなかったものだ。平静を保たなければならない。」