presented by
Menu
ハインケス/ゲルラントがチームを率いる

ユルゲン・クリンスマン退団

FCバイエルン取締役(カール=ハインツ・ルンメニゲ、ウリ・ヘーネス、カール・ホプフナー)が27日朝、共同作業を打ち切ることを決断したことをクリンスマンに伝えた。アシスタントトレーナーのマルティン・バスケスおよびニック・テスロフも退団となる。

同取締役はこれまでの戦績から、今シーズンの最低限の目標達成が危ぶまれていると考え、今回の決断に至った。

FCバイエルン・ミュンヘン取締役はシーズン終了まで、ユップ・ハインケスを監督とし、ヘルマン・グルラントを彼のアシスタントとすることを決めた。

ユップ・ハインケスとヘルマン・グルラントは明日の火曜から、プロチームの指導にあたることになる。