presented by
Menu
今後のプラン

FCバイエルン、「冷静」に新監督の人選を進める

ユルゲン・クリンスマン解任後、FCバイエルンは月曜午前遅くから、来季の新監督の人選を始めた。カール=ハインツ・ルンメニゲがプレスカンファレンスのなかで、「われわれは今から、よく熟考し、話合いをして、監査役の了解を得て、それ相応の解決策をみつけることになる」と示唆した。そこで同FCバイエルン代表取締役社長は、ユップ・ハインケスとヘルマン・ゲルラントとの契約について、「4週間だけのもの、今後の5試合のみのものだ」と証明した。

FCバイエルン取締役は月曜まで、「どの監督ともコンタクトをとっていない」ともルンメニゲは語った。「われわれはユルゲン・クリンスマンを援助するつもりだった。」ルンメニゲはクリンスマンの後任の噂を拒否した。「今日まで、メディアのなかで言われてきたことは全て忘れてください。今日までどの監督とも話合いをしていない。」しかし、それが今すぐに変わることになるともルンメニゲは示唆した。

「われわれは有力候補と話しをして、決断を下すことになる。」ルンメニゲは、「確信させる解決策」のために、自ら「時間的な圧力をかけること」はしないとも強調した。しかしながら、「監督と新シーズンのメンバー構成について話しをするために、早い段階で解決策をみつけることができれば」、好ましいとも続けた。