presented by
Menu
バルサのレッスン後

FCバイエルン「できることをやり抜く」

カール=ハインツ・ルンメニゲが「大きな屈辱」について話せば、ユルゲン・クリンスマンは「バラバラ」と話す、クリスティアン・レルにとっては「学ぶ時間」となった – 取締役、監督およびFCバイエルンの選手らは試合後、同意見だった: FCバルセロナはチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦でドイツレコードマイスターを凌駕していた、同チームはカンプノウで0:4と敗れた後にベスト4進出の夢をすでに断たれたと分かっていた。

明らかにショックを受けていたルンメニゲは「この結果で敗退したことははっきりしている」と「考えられないパフォーマンス」後にチーム宿舎「Rey Juan Carlos I」での深夜の食事会でコメント。「われわれはとくに前半、レッスンを受けることになった。われわれを苦しめたレッスンだった。ショックを受けていて、今夜観たものについて悲しいのかまたは怒っているのか分からない。今夜経験したことはとても苦い瞬間だ。」

ヴォルフスブルクで1:5と惨敗してから4日後、FCバイエルンは「CL」でも限界をみせることになった。1973年のUEFAチャンピオンズカップ以来となる最多失点での敗北、当時も0:4でアヤックス・アムステルダムに敗れた。UEFAカップ準決勝ゼニト・サンクトペータースブルクで屈辱の敗戦から11ヶ月後 – 当時も0:4で敗退 – FCバイエルンはカタルーニャの伝統クラブの地で栄光のヨーロッパカップ史上で最も痛い敗戦の一つを経験することになった。

クリンスマンも「結果とパフォーマンスはとても失望するものだった」と9万6千人の観衆 – 約5千人余りのバイエルンファンが帯同 - で完売になったカンプノウでの一戦後にコメント。「バルセロナは彼らのサッカーでわれわれにはっきりとわれわれの限界を示した、(彼らのサッカーは)すばらしかった。ヨーロッパ4強になるにはまだまだ多くの課題がある。」

ルシオ、クローゼそしてファン・ボイテンのほかにフィリップ・ラームら複数の主力が欠場したなかでクリンスマンイレブンは多くのことを成し遂げようとしていた。しかし、バルセロナはスタートから今夜のピッチの勝者となる躍動ぶりだった。卓越したリオネル・メッシ(9./38.)、サムエル・エトー(12.)およびティエリ・アンリ(43.)らオフェンス陣が好きなようにプレーし、前半に完全に試合を決めた。

マルク・ファン・ボンメルは「彼らはとても早いテンポでプレーしてきた、われわれはチェックに行けなかった。われわれは単純にそのレベルではない」と気づいていた、同選手は古巣クラブでの一戦、違うことを想像していた。クリンスマンは「チームのどの部分もわれわれが対抗できなかったことを示した」と付け足した。「早い時間帯の2失点は大きなデメリットだった、その後、バルサチームにブレーキをかけるための勇気が欠けていた。」