presented by
Menu
来季監督ファン・ハール

「バイエルンは私に合っている」

ルイス・ファン・ハールが来季、FCバイエルン監督に就任することが水曜夜から明らかになった。しかし、この数週間は同オランダ人をまだゼーベナー・シュトラーセでみることはない。7月1日に公式に紹介される予定。彼は、それまでミュンヘンでの彼の目標について語るつもりはないと、木曜日に行われたアルクマールでのプレスカンファレンスで強調した。

しかしながら、AZアルクマールとともにオランダマイスターになった57歳の新しい任務への喜びを感じることができた。「FCバイエルンに行くことは常に私の理想だった」とコメント、「バイエルンは私の規準、価値および感情にとても合マッチしていると思っている」と続けた。そしてファン・ハールは、「バイエルンではインターナショナルでAZよりも成功できる可能性がある」と考えている。

「偉大な監督」

ファン・ハールは、2010年半ばまで残る契約を早期に解除してくれたクラブに感謝した。「AZは私の心に残るクラブ」と彼は強調。AZアルクマール会長ディルク・スヘリンガはこうコメント:「彼がドリームオファーを受けたことを認めたい、うまくいくことを願っている。」しかしながら、「心に痛みが残る」とも続けた。

ミュンヘンでは新監督を待望している。ゼ・ロベルトは、「クラブがベテラン監督をみつけたことを喜んでいる」と述べた。そしてミロスラフ・クローゼはこうコメント:「アルクマールはビッグチームではない。そのチームとマイスターになるのであれば、彼が偉大な監督だと思う。」