presented by
Menu
ホッフェンハイム戦のコメント

「両チームのすばらしい一戦」

ホッフェンハイムでFCバイエルンは勝利を得られず。ライン・ネッカー・アレーナで長い時間帯に渡り、高いレベルとなったゲーム後、FCバイエルンは第33節、2:2で満足することになった。ユップ・ハインケスは、「このゲームは、サッカーを宣伝するものとなった」と述べた。カール=ハインツ・ルンメニゲはこうコメント:「チームを批判することはできない。」同FCB代表取締役社長は、来週土曜の最終節シュトゥットガルト戦を前に、2位を堅守することを目標とした。「われわれにとって、経済的、そしてイメージ的にもチャンピオンズリーグに進出することがとても大切なんだ。」


コメント一覧:

カール=ハインツ・ルンメニゲ:「われわれはとてもいいゲームを目にすることができた。残念ながら勝利には至らなかったがね。しかし、私は、チームを批判することはできないと思っている。状況は2000年と同じようなものだ、だが、ヴォルフスブルクがとりこぼしをするとは思えない。われわれにとって、経済的、そしてイメージ的にもチャンピオンズリーグに進出することがとても大切なんだ。われわれは2位を堅守しなければならない。」

ウリ・ヘーネス:「われわれはすばらしいゲームをしたと思っている、しかしながら、われわれはまたもや100%の得点機を逃してしまった。今日の一戦はとてもハードな一戦だった、いつからか力が衰退していってしまった。それでも、われわれはロスタイムに今一度チャンスがあったんだ。両チームのすばらしい一戦だった。」

ユップ・ハインケス:「このゲームは、サッカーを宣伝するものとなった。両チームともオフェンシブに試合に臨み、勝とうとしていた。全体的にチームのゲーム、前半の15分間を除いて、とても満足している。チームはすばらしい士気をみせた。」

フィリップ・ラーム:「得点チャンスからいけば自分たちはホッフェンハイムを上回っていた。信念があり、チームは全てを試みたんだ。とくに前半、明らかにリードしなければいけなかった、そして後半もいいチャンスがあったんだ。シュトゥットガルトとのホームでの一戦は、勝利だけが大切、勝つことは難しいことだよ、シュトゥットガルトは調子がいいからね。このゲームに勝たなければならない、それからどうなるかが分かるんだ。」

ルーカス・ポドルスキー:「自分たちは1:0とリードしていて、2:0そして3:0としなければならなかった、逆に7分間の間に2失点を喫してしまった。その後は自分たちにとって難しいものとなった。今、自分たちのラストゲームを勝たなければならない、もしかしたら、奇跡があるかもしれない、そしてヴォルスブルクが敗れるかもしれないんだ。2位はいずれにしても勝利で手にすることができる。」

ラルフ・ラングニック(TSG監督):「私は、われわれのホーム最終戦での戦いぶりにとても満足している。私の全ての選手が限界をだしてくれた。観衆はとても満足することになった。」