presented by
Menu
「ベストマン」

「全力疾走」のゲルラント、どこでも人気もの

第30節の一幕: FCバイエルンとボルシア・メンヒェングラッドバッハ戦終了5分前、ゼ・ロベルトがグラッドバッハ選手からファウルを受け、ピッチ上で治療を受けていた。バイエルンのアシスタントコーチ、ヘルマン・ゲルラントがこの中断を機に、逆サイドにいるフィリップ・ラームにボトルを渡すため、ピッチを横切って駆けつけたときだった。

ラームはこのシーンを、「僕らのサイドにボトルがなかったんだ。だから、彼に目で合図を送ると、逆サイドまで走ってきてくれた」と振り返った。バイエルンファンの拍手、そして完売のアリアンツ・アレーナに「ヘルマン・ゲルラント、ベストマン」の合唱が響き渡った。「彼が僕の前にいたとき、嬉しかった」とラームは続けた。

大きな声望

FCバイエルンIIの監督、しかし現在はシーズン終了までトップのユップ・ハインケス監督をアシスタントするゲルラントは、ファン、選手、または首脳陣から、大きな声望を集めている。ウリ・ヘーネスは、ハインケスとともにトップチーム復帰となったゲルラントが、「チーム内の雰囲気をとても良くするのに貢献してくれた」と就任5日後、彼のプロ選手との関わりを高く評価。

マルク・ファン・ボンメル主将も、「とても人気があり、サッカーを知っている」とバイエルンマネージャーの後に、称賛の言葉を続けた。本来ならば、FCバイエルンのサテライト監督、しかし今はトップのアシスタントを任されている「タイガー」との共同作業について、「ヘルマン・グルラントはたくさんのことを監視し、いいアドバイスをしてくれる」と語った。ラーム、オットル、シュヴァインシュタイガーおよびレンジングらも彼のハード教育から育った。