presented by
Menu
インタビュー: ヨルク・ブット

「完全なるファイナル」

得点機で勝っていたが、ホッフェンハイムでは2:2のドロー - バイエルンに試合後、失望感があったとしてもおかしくない。ヨルク・ブットも例外ではなかった。fcbayern.deとの談話のなかで、ブットはヘルプストマイスターでの一戦を総括し、視線は最終節に向いていた。




インタビュー: ヨルク・ブット



fcbayern.de: ヨルク、今日の試合を総括するとどう?
ヨルク・ブット:「われわれは前半、多くのチャンスを与えてしまった、相手への寄せが十分ではなかった。後半、いくつかゴールチャンスがあったけど、それを残念ながら活かしきれなかった。」

fcbayern.de: 最終節前にこの状況をどう考えている?
ブット:「われわれはいつも、まずはチャンピオンズリーグに参戦することに集中する、そしてしなければならないと言ってきた。来週末にはそれを達成するために今、全てを尽くすつもりだ。」

fcbayern.de: VfB戦では2位を懸けた戦い。
ブット:「始めから、最終節まで緊迫した状態が続き、自分たちにとって全てがかかってくると分かっていたんだ。VfB戦は本当にファイナルなんだ。」



fcbayern.de: マイスターを奪取することは今とても難しくなっているよね。ロッカールームの雰囲気はどうだった?
ブット:「雰囲気はどうだっただろう...最終的に自分たちにはまだ全て可能性があるんだ。われわれはシュトゥットガルト戦に全神経集中して、この試合に単純に勝たなければいけない。それから何が起こるかわかるんだ。」