presented by
Menu
ウリ・ヘーネス

「得失点差がマイスターの決めてとはならない」

ユップ・ハインケスのバイエルン連勝。FCバイエルンは、暫定監督就任3試合目となった一戦でも勝者としてピッチを後にすることになった。レコードマイスターはバイヤー・レヴァークーゼンに3:0と快勝し、1位のヴォルフスブルクと同勝ち点。3得点に絡み、マン・オブ・ザ・マッチとなったルーカス・ポドルスキーも満足していた:「自分たちはチームとしてこの数試合のなかで、うまく前進することができた。」

コメント一覧:

ウリ・ヘーネス:「チームは前半、ゆっくりと(精神的な)プレッシャーを感じてきたこともあり、ナーバスになっていた。後半開始早々のゴールが、プレッシャーから解放する全てだった、しかし6ゴールまたは8ゴール決めなければならなかったがね。われわれはコットブスで2ゴール、3ゴールを奪うことができていた、ここでも得点することができていた – われわれはすでに首位かもしれないんだ。しかしながら、得失点差がマイスターの決めてとなるとは思っていない。1チームがへまをすることになる。」

ユップ・ハインケス:「われわれは前半、慌ただし過ぎた、ゲームのなかで動きが少なかった。私はハーフタイムに、違うプレーをしなければいけないと選手にはっきりと伝えたんだ。われわれがディフェンスをうまくすれば、前線で何か起こると私は分かっているんだ。」

ルーカス・ポドルスキー:「自分たちはチームとしてこの数試合のなかで、うまく前進することができた。コンパクトに戦えている、いいトレーニングをしてきたことをピッチ上でも示すことができた。ユップ・ハインケスが自分を信頼してくれたんだ、この数試合でこの信頼を再び取り戻したと考えている。」

ブルーノ・ラバッディア(レヴァークーゼン監督):「われわれは前半、いいゲームをしていた、われわれの方が得点機はあったんだ。われわれに一つ欠けていたものはラストパス。後半のプレーは良くなかった。」