presented by
Menu
ソサ、ミーチョ、ポルディー

ゴールゲッターのエピソード

ホセ・ソサ、マルティン・デミチェリスとルーカス・ポドルスキー – FCエネルギー・コットブスに3:1と勝利した一戦でのFCバイエルンの得点者。どの得点にも各選手の思いがつまっていた、とくに「ミーチョ」・デミチェリスのゴール時のパフォーマンス。fcbayern.deはこの3選手に注目してみた。



1:0、ホセ・ソサ(23.)
冬季に移籍が成立していれば、ホセ・ソサのコットブスでのゴールはなかっただろう。パレルモへの移籍が最終交渉で決裂。ソサは残留し、彼のチャンスを活かすことになった。第25節、公式戦初ゴールで1:0と勝利したカールスルーアーSC戦で勝利をもたらした。それから4度スタメン出場を果たし、MFの本当のオプションへと成長していくことになった。

2:1、マルティン・デミチェリス(62.)
マルティン・デミチェリスが2:1となるヘディングシュートを決めた後、同選手がこのゴールをマルティンjr.に贈ったのは明らかだった。先週の日曜日に同28歳はパパとなった、これで活気づき、コットブス戦で今季4点目を決めて、個人のベスト記録となった。パパとなった喜びと勝ち越しゴール – マルティン・デミチェリスにとってきっと忘れられない一週間になるだろう。

3:1、ルーカス・ポドルスキー(66.)
FCバイエルンでのプレーが残り少なくなってきたところ、ルーカス・ポドルスキーがゆっくりと再び、レコードマイスターの首脳陣が3年前に彼を獲得することになった実力を示している。先週末のグラッドバッハではハミト・アルティントップの勝ち越しゴールをアシスト、コットブスではデミチェリスのゴールをアシストし、4分後には試合を決めるゴールを決めた。コットブス戦のシュートは6本 – この午後、チームで一番多くシュートを放った。

ポルディーのパフォーマンス向上には、ユップ・ハインケスが確実に大きく絡んでいる。バイエルンの暫定監督は、監督就任後すぐにツートップに変更し、来季からケルン選手となるポドルスキーをまずはFK、そしてCKのキッカーに指名した。ハインケスは、「ルーカスは卓越したサッカー選手。彼は、この最後の週でわれわれを助けるために全てをだしてくれる」とコメント。