presented by
Menu
バイエルン - シュトゥットガルト

シーズン最終節コメント

FCバイエルン、VfBシュトゥットガルトとの最終節で2:1と勝利したお陰で2位を堅守、そしてチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。最低限の目標を達成した安堵感は、FCバイエルンのどの関係者からもみてとれた。今季、いくらかコンスタントに力をだしていれば、マイスタータイトルを獲得していたという悲哀感もみられた。




シーズン最終節コメント:

ウリ・ヘーネス:「この数週間、われわれにあった可能性からいけば、うまく終了することになった。われわれは2位確保により、チャンピオンズリーグ出場を決めたんだ、ヴォルフスブルクのようにこの数週間堂々としたプレーをしていれば、マイスターになって当然だ。ユップ・ハインケスは5試合で4勝し、1試合引き分けることになった、私はこの状況の中では(彼の監督就任は)正しい決断だったと考えている。われわれはこのシーズンに対し、臆する必要はない。われわれはチャンピオンズリーグ出場を決め、チャンピオンズリーグでは準々決勝まで進んだんだ、そこまで悪くはなかった。」

カール=ハインツ・ルンメニゲ:「ヴォルスブルクを祝福することになる。フェリックス・マガトの仕事ぶりには脱帽するばかりだ。ヴォルフスブルクはマイスターになる価値がある。こうもすばらしいプレーを後期にすると、おめでとうというしかない。ヴォルフスブルクは初優勝、われわれは21度。2位は悪いものではない。」

ユップ・ハインケス:「チームはすばらしいプレーをしていた。われわれはブンデスリーガ5試合のうち4試合に勝ち、一試合だけ引き分けたんだ。これはとてもすばらしい勝率だ。試合前からドイツマイスターになることはできないと試合前から分かっていたが、とても残念だ。チームにはとても多くのポテンシャルがある、それを考えると通常なら一番前にいないといけないんだ。」

マルク・ファン・ボンメル:「ヴォルフスブルクを祝福したい、しかしわれわれは自らマイスターをプレゼントしてしまった。今季、単純に勝たなければいけない多くのゲームに勝てなかった。(勝っていれば)通常ならわれわれもマイスターだろう。」