presented by
Menu
重要なオプション

ハインケス、クローゼの間もなくの復帰を望む

バイエルンのユップ・ハインケス暫定監督が、戦列を離れているFWミロスラフ・クローゼの間もなくの復帰をブンデスリーガ終盤で望んでいる。ハインケスが金曜、「前線に選択肢があってこそ、シーズン終了までに成功を得られる」とボルシア・メンヒェングラッドバッハとのホーム戦前日の最終調整を前にコメント。

同30歳FWは、足首の手術を受けてから約6週間後、今週の水曜からランニングを再開した。ハインケスは、「とてもいい状態になったと彼は言っていて、ランニングをするだけ、エアロバイクでトレーニングするだけ、そしてフィジカルトレーナーからしごかれるだけではうんざりするだろうとも話していた」とクローゼとの対話について報告した。

ツートップで攻撃

63歳のサッカー監督は、クローゼが「来週半ばから少しずつボールを使ってトレーニングできること」を望んでいる。ルカ・トーニ(12)に次いで、ブンデスリーガで得点(10)を挙げるバイエルンFWに見通しが立てば、同暫定監督は試合中に、「ジョーカーであり、一流の選手」を投入でき、選択肢が広がることになる。

出場できるトップは今のところ、トーニとルーカス・ポドルスキーだけである。これに3部リーガですでに15得点を決めた20歳のトーマス・ミュラーが加わる。ハインケスはシーズン終了までの5試合では、ツートップを採用していくつもりだ。「選択肢がない場合を除いて、ワントップでプレーさせるのは好きではない。」