presented by
Menu
「任務を果たした」

ハインケス、再び退く

ユップ・ハインケス暫定監督が、「自分はとても冷静な人間、サッカー界のなかでもすでにとても多くのことを経験してきた」とチャンピオンズリーグ出場を決めた後にコメント、それでも「私に対する試合後のファンの反応は、チームが私とともにみせたパフォーマンスへの称賛だった」と続けた。マネージャーのウリ・ヘーネスはこうコメント:「彼が超然として2位を確定したことについて、われわれは彼に感謝してもしきれない。彼はこれからも私の、そしてFCバイエルンの友達でいつづけるだろう。」

ハインケスは4週間前、ヘーネスと取締役同僚がユルゲン・クリンスマンを解任した後に突如、監督就任となった。ハインケスはアシスタントコーチのヘアマン・ゲルラントと一緒に、ゼーベナー・シュトラーセに出発の号砲をすぐに鳴り響かせることになった。彼は、選手個々とよく対談することになった、とくに彼の下でルーカス・ポドルスキーが開花することになった。

バイエルンとハインケスは5試合で勝ち点13を奪った – シーズン全体で考えれば、2位を上回る戦績。代表DFフィリップ・ラームは、「もし彼が一年中ここにいれば、自分たちはマイスターになることができただろう。4勝1分け、すばらしい勝率」とコメント。GKヨルク・ブットは、「勝率が物語っている」とハインケスの準Vへの貢献についての問いにコメント。

ハインケスは「私は初めて、2位でも喜ぶことができると気がついた。当時、私がバイエルンにいたときは、そうではなかった。当時は準Vでは後味の悪いものだった」とコメント。ハインケスは第1次政権のとき、2度2位になったことがあった。逆に土曜日には首脳陣、選手およびファンの間に大きな喜びが広がった。