presented by
Menu
ゼとアルティントップ、微妙

バイエルン、2位堅守だけを考える

ユップ・ハインケス暫定監督は、VfBシュトゥットガルトとのシーズン最終節を2日後に控え、ボールサイドへの寄せ、ポジション別のコンビネーションおよびFKを確認した。

ハミト・アルティントップ(肉離れ)とゼ・ロベルト(内転筋痛)はトレーニングを回避、両選手はこの日、チーム練習に合流する予定だった。2人ともまだケガを完治させておらず、シュトゥットガルト戦は微妙である。彼らが土曜、メンバー入りするかどうか金曜日の調整後に決まる。

バイエルンの確信は屈することがないほど大きい。マルク・ファン・ボンメルは、「われわれには多くの経験がある」と述べ、「何人か、自分もだが、全てを得るか、失うかのゲームを経験してきた」と続けた。敗れて、4位でシーズンを終えることを予期しているものはいないともFCバイエルン主将は強調:「一つの勝利でチャンピオンズリーグ進出、そしてまだマイスターになることができるなか、UEFAカップのことは考えていない。」

シュトゥットガルトとの一戦の目標は2位を堅守することだとファン・ボンメルはコメント、同選手が、首位ヴォルフスブルクに宣戦布告することはなかった。「今、大きなことをいうことができるかもしれない、だけどそれは意味がないこと。」FCバイエルンは自分たちのゲームに勝たなければいけない。「もしヴォルフスブルクで何か起これば、われわれは喜んで獲得することになる。」