presented by
Menu
多くのポジティブな予兆

バイエルンサイドからみた統計

FCバイエルンは土曜、VfBシュトゥットガルトに勝利することにより、目標としていた2位を確実にして、場合によってはマイスターを望むこともできる。fcbayern.deはキックオフ前に、5つのポジティブな予兆をまとめてみた:






統計
バイエルン対シュトゥットガルト – ミュンヘンでの勝者はほぼいつもFCB。バイエルンはホームでシュトゥットガルトと41試合行い、敗れたのは4試合だけ。FCバイエルンは27勝10分け(94ゴール:45失点)。FCBはここ8試合、ホームで一度も敗れていない(7勝)、VfBに敗れたのは10年前となる。

日時
今季のシーズンファイナルは5月23日 – 01年5月23日、FCバイエルンがチャンピオンズリーグを制した日である。ドイツレコードマイスターはミラノでの決勝で、PK戦の末(5:4)、FCバレンシアを破っている。

メモリアルゲーム
土曜15時30分、FCバイエルンの最終節のキックオフだけではなく、レコードマイスターの歴史的なキックオフでもある: VfB戦がFCバイエルンにとっては1500試合目となる。ここまでの1499試合の戦績はすばらしいものだ: 844勝303敗352分け(3180得点1749失点)。

歴史
FCバイエルンはシーズン最終節、伝統的に負けることはない。レコードマイスターはここ16年のうち一試合だけ最終節で敗れた: 2003年5月、シャルケで0:1と敗戦 – それでもFCバイエルンはマイスター、2位のVfBシュトゥットガルトに勝ち点16ポイントリードしていた。

主審
フローリアン・マイヤーが土曜、FCバイエルン対VfBシュトゥットガルトの決戦で笛を吹く。同40歳の主審は今季すでにバイエルン戦を7試合務めている。