presented by
Menu
アルクマール、契約解除

ファン・ハール、バイエルン監督へ

すでに数日前から憶測はあったが、ついに公になった。ルイス・ファン・ハールがバイエルン新監督に内定。同57歳が近日中に、ドイツレコードマイスターで2011年6月30日までの2年契約にサインをすることになる。

FCバイエルン取締役 – カール=ハインツ・ルンメニゲ、ウリ・ヘーネスとカール・ホプフナーが水曜、アルクマールで会談を行った。和やかな雰囲気のなかで、AZアルクマール会長ディルク・スヘリンガ、ディレクターのトゥーン・ガーブランドおよびスポーツディレクターのマルセル・ブランズらと話し合いが行われ、ファン・ハールのミュンヘン移籍で合意に達した。

AZアルクマールの首脳陣は、09年6月30日付けでファン・ハールとの契約を早期に解除することになった。FCバイエルンはこのお礼として、予定では10年の夏にギャラなしでオランダーマイスターの下でフレンドリーマッチを行うことになる。

FCB代表取締役社長ルンメニゲは、「われわれはルイス・ファン・ハールという経験と成功あるサッカー監督をFCバイエルンに招くことができたことを喜んでいる」とアルクマールでの話合い後に語った。