presented by
Menu
規律とともに栄光へ

ファン・ハール、バイエルン監督内定

「FCバイエルンは私にとってドリームチーム」 - ルイス・ファン・ハールがAZアルクマールからFCバイエルンへの移籍について語った。ドイツレコードマイスターからしてみれば、同オランダ人との出会いはどちらかといえば、悪夢だった。FCバイエルンは95年、チャンピオンズリーグ準決勝でファン・ハール率いるアヤックス・アムステルダムと対戦。ミュンヘンでのスコアレスドロー後、バイエルンはアムステルダムで2:5と敗れた。

ファン・ハールはそれから数週間後、アヤックスとともにチャンピオンズリーグ決勝を制し、快挙を成し遂げた、そしてその年末にはトヨタカップでも優勝 - 新星が頂点にのぼりつめた。ファン・ハールは90年代、アヤックス監督(1991-1997)としてUEFAカップ、そしてマイスターに3度輝き、彼のサッカーに注目が集まった。

規律とともに栄光の道へ

ファン・ハールはアムステルダムでテクニックと戦術においてパーフェクトなサッカーをするチームを形成。90年代半ばのアヤックスイレブンはヨーロッパでは敵なしだった。この成功の裏側にはファン・ハールがいた。彼の下でクラレンス・セードルフ、エドガー・ダビッツ、パトリック・クライファート、マルク・オーフェルマルスまたはデ・ブール兄弟などが世界スターへと羽ばたいた。

オランダ代表時代からファン・ハールを知るマルク・ファン・ボンメルは、「彼のことを悪くいう選手はいない」と報告。ファン・ハールは威信と規律を重んじる。「規律が創造性のベース」と彼はコメント。彼は彼の選手から、チームの成功のために全てをだすことを要求する。彼の信条:「ベスト選手の11人ではなく、ベストイレブンが必要。」

トータルフットボール2.0