presented by
Menu
「いくらか楽観している」

ヘーネス、ゴメス獲得に興味

ウリ・ヘーネスが初めて、公の場でFCバイエルンがVfBシュトゥットガルトのマリオ・ゴメス獲得に興味を示していると認めた。バイエルンのマネージャーは日曜午前、「彼はとても興味深い選手。彼を獲得するために尽力をつくすことになる」とテレビ番組「DSF-ドッペルパス」のなかで説明した。ヘーネスは来週、同23歳と話合いをすることを示唆した。

レコードマイスターは昨夏、ゴメス獲得を目指した、しかしVfBシュトゥットガルトが彼を放出するつもりはなく、交渉は決裂した。VfBマネージャーのホルスト・ヘルトは「彼を再び慰留することを試みる」と示唆した。

バスティアン・シュヴァインシュタイガーは、「マリオなら、とてもいい補強」とコメント、「彼を代表、そしてプライベートでもとても知っている。彼はいい性格、それだけでも彼は僕たちに合っているけど、サッカー選手とも僕たちに合うよ。これほど才能をもっているサッカー選手は多くはいない。」

ゴメス自ら、チャンピオンズリーグの予選出場権をVfBと獲得した後、今後について明確にせずにいた。同選手は、「クラブそして家族と話しをして、決めることになる」と試合後、リベリーとユニホーム交換をした後にFCバイエルンのユニホームを身にまとい、コメント。

ヘーネスと取締役同僚カール=ハインツ・ルンメニゲは、チャンピオンズリーグ出場権獲得後、新監督ルイス・ファン・ハールと話しをすることを示唆した。「いくらかのことが起こるだろう」とバイエルンのマネージャーはコメント。