presented by
Menu
リーガ最終節前日

ライバルたちの動き

ブンデスリーガ史上最も緊迫したタイトル争奪戦のファイナルを迎える。最終節を前に、まだ3チームにドイツマイスターの可能性が残されている。首位VfL ヴォルフスブルクは、FCバイエルンとVfBシュトゥットガルトに勝ち点2ポイントリード、そして得失点差でも2チームを上回り、マイスター奪取に向けてベストチャンスがある。勝ち点1ポイントだけ劣るヘルタBSCは4位 – 1位から4位、タイトル保持者のバイエルンにとって、全てに可能性が残る。

fcbayern.deはシーズン最終節まで、FCバイエルンのライバルの最新の情報について伝えていくことになる。

パート4: 5月22日(金) - 最終節前日:

VfLヴォルフスブルク:
マイスターシャーレを奪取するために、VfLのツートップ、エディン・ドゥゼコとグラフィテは得点王を諦める覚悟もできていた。「まずはチームが大事。もしほかの誰かがゴールを決めて、マイスターになれたら、自分たちが決めたことのようにすばらしいこと」とドゥゼコはブンデスリーガ最終節ヴェルダー・ブレーメンとの北ダービー前にコメント。

初タイトル奪取のため、首位のヴォルフスブルクはUEFAカップ準V相手に勝ち点1が必要となる。フェリックス・マガトは「しかしわれわれは引き分けるつもりはない。それはわれわれは決してできない。われわれは勝利を目指す」とVfL監督として最後の一戦を前にコメント。