presented by
Menu
シーズンファイナル

1位から4位まで、全てに可能性がある

これほど緊迫したブンデスリーガはあまり例がない。最終節を前に、首位VfLヴォルフスブルクから4位ヘルタBSCベルリンまでの勝ち点差はわずかに3ポイント。ヴォルフスブルクは勝ち点66ポイント、それに得失点差をみても、タイトル争奪戦では一番有利なチームだ。一方で、FCバイエルン、VfBシュトゥットガルト(両チームとも勝ち点64)、そしてベルリンもまだシャーレ獲得に希望を抱くことができる。

fcbayern.deはドイツレコードマイスターの可能性あるシナリオをまとめてみた。暫定監督ユップ・ハインケス率いるチームは、タイトル保持の1位から、これまでのUEFAカップから新しくなったヨーロッパリーグ出場権獲得となる4位までと全てに可能性が残る。

FCバイエルンがマイスター...
もしVfBシュトゥットガルトに勝ち、首位ヴォルフスブルクがヴェルダー・ブレーメンに敗れた場合。
もし7得点差でVfBに勝ち、ヴォルフスブルクがスコアレスドロー(0:0)の場合。
もし8得点差でVfBに勝ち、ヴォルスブルクが引き分けた場合。

FCバイエルンが2位...
もしシュトゥットガルトに勝ち、ヴォルスブルクがブレーメン相手に勝ち点1を獲得した場合。
もしシュトゥットガルトに引き分け、ヘルタBSCがカールスルーエで勝たなかった場合。

FCバイエルンが3位...
もしVfBシュトゥットガルトに敗れ、ヘルタBSCがカールスルーエで勝ち点1を奪った場合。

FCバイエルンが4位...
もしシュトゥットガルトに敗れ、ヘルタがカールスルーエで勝った場合。