presented by
Menu
バルセロナのドラマ

100秒で勝利を逃す

カンプノウの時計は、すでに90分を回っていた。控えベンチの前でマリオ・バスラーらチームメートは優勝Tシャツおよび優勝キャップを準備して立っていた、しかしマンチェスター・ユナイテッドとのチャンピオンズリーグ決勝戦(バルセロナ)、わずか100秒で歓喜を失うことになった。

10年前 – しかし、99年5月26日から何年が経っても、1:2の敗戦の記憶が途切れることはない。シュテファン・エッフェンベルクは「ビデオで観たことがこれまでにまだない。(敗戦を)まだ理解できないでいる。」

当時の監督オットマール・ヒッツフェルト、エッフェンベルクやバスラーらが当時のことについてもう一度、振り返った。途中出場のテディ・シュリンガムとオレ・グンナー・スールシャールらのロスタイムの得点で涙を流すまで、バイエルンはカンプノウの9万人の観衆、そしてテレビを観ている何百万のファンの前でチャンピオンズリーグ杯を奪えたと錯覚していた。

胸が痛んだ

ヒッツフェルトはこの時の瞬間を、「同点で胸が痛んだ。私は延長戦だとだけ考えていた。もう30分間あるのか、ManUは同点により、精神的に有利。それが頭の中を駆けめぐるなかで、再びコーナーキックだった」と振り返った。

ミヒャエル・タルナートはこの夜、「われわれは皆、トランス状態で、自分の周りを感じることができなかった。私はふさぎこんでいた」と回想する。「空しさだけがそこにあった。」「皇帝」フランス・ベッケンバウアーは当時、伝統の深夜の宴の席で、形式的にこう話した:「チームはすばらしいプレーをした。」GKオリヴァー・カーンは敗戦に強く反応し、宴から離れて、コメントを控え、ヨーロッパカップ50戦後にホテルの部屋に退きこもった。