presented by
Menu
ゴメス、FCBへ

VfBストライカーがFCB移籍を決意

マリオ・ゴメスが決断を下した: 来季、FCバイエルンのユニホームを着る。同VfBシュトゥットガルトFWは火曜、ドイツ代表とアジア遠征に出発する前、移籍の決意を語った。

FCB取締役との話合い後、ゴメスはすぐに答えをだした: 彼が、レコードマイスターへやってくる。同FWは、「FCバイエルン・ミュンヘンでやれることを楽しみにしている」とコメント、同選手は海外のトップチームからもオファーを受けていた。「FCバイエルンはいくらか特別なもの。自分は来季、このクラブとリーガで出撃したい、チャンピオンズリーグでの試合をとても楽しみにしている。」

ルンメニゲ、喜ぶ

ミュンヘンでも喜びは大きい。FCB代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲは、「FCバイエルンは、マリオ・ゴメスがわれわれのクラブを選択したことをとても嬉しく思っている」とコメント。同代表取締役社長は、ゴメスについて、「一流FW」および「ドイツベストFWの一人」と語った。「この3年間、ブンデスリーガでいつも20得点を奪ってきた。彼が来ることを楽しみにしている。」

今シーズンは24ゴールを決めて、チーム内で得点王になった。ゴメスは04年から09年の間にブンデスリーガ121試合で63得点を決めた。アジアから帰国後、同選手は最終交渉のためにミュンヘンにやってきて、FCバイエルンで契約を結ぶことになる。

新加入5人目

ゴメスは来季に新加入する5人目となる。レコードマイスターはすでにアナトリー・ティモシュチュク(ゼニト・サンクト・ペータースブルク)、イヴィチャ・オリッチ(ハンブルガーSV)、アレクサンダー・バウムヨハン(メンヒェングラッドバッハ)らを獲得、07年からカールスルーアーSCへレンタル移籍していたアンドレアス・ゲルリッツの復帰が決まった。

レコードマイスターの補強プランはまだ終わっていない。ウリ・ヘーネスは月曜夜、右サイドバックのポジションについて、「大切なポイント」とバイエルン局の「Blickpunkt Sport」で語った。「そこがわれわれの欠点。」FCB取締役は休暇前に、まだいくらかやることが残っている。