presented by
Menu
決定

ゲルラント、ファン・ハールを補佐

バイエルン新監督ルイス・ファン・ハールが月曜からミュンヘンに滞在、同監督は火曜、来季の進むべき方向を決めるために、ゼーベナー・シュトラーセでレコードマイスター取締役およびスポーツディレクターのクリスティアン・ネルリンガーと会談を行った。

ファン・ハールとヘルマン・ゲルラントが話合いを行った後、オランダリーグ1部ヴィレムIIでスポーツディレクターをしていたアンドリース・ユンカーのほかに、これまでFCBII監督を任されていたヘルマン・ゲルラントがファン・ハール政権でアシスタントを務めることになった。「タイガー」はすでにユップ・ハインケス暫定監督のもと、5週間ほどトップでアシスタントコーチを任されていた。

同54歳のゲルラントは数日前のfcbayern.deとのインタビューのなかで、「(アシスタントを)断る理由がない」とコメントしていた、新シーズンもアシスタントコーチとなる。ファン・ハールとの火曜日の話合いの結果、この人事が決定した。