presented by
Menu
ゴメス、安堵感

ゴール欠乏症から4得点

代表戦829分ノーゴール、その後、マリオ・ゴメスが4得点を奪取。同FWは、「今日は4ゴール、その前は1年以上点がとれなかった - これが、サッカーなんだ」とドバイで得点を挙げたことについてコメント、そして安堵感を漂わせた: 「スランプからやっと抜け出せたことはいいこと。」

今夏にミュンヘンに加入する同選手は、VfBシュトゥットガルトのプロ選手としては最後となる代表戦で4得点を奪った後、ノーゴールだった「苦しい時期」についてこう冗談を言うこともできた。「90分プレーしたことがもっと安堵したこと、そうでなければ、45分間ノーゴールに終わっていたかもしれない。」

08年3月26日ぶりのゴール

ドイツ代表でノーゴールに終わっていた時間が彼にプレッシャーをかけていた、それのこともあって、アラブ首長国連邦に7:2と勝利した後の解放感は大きかった。ゴメスは、「もちろん、得点ができたのは嬉しかった」とコメント、彼はチーム全体および代表監督が信頼してくれたことに感謝していた:「これは当たり前のことじゃないんだ。」

同選手が最後に点を奪ったのは08年3月26日のスイス戦(4:0)、その後はVfBユニホームからドイツ代表のユニホームを着ると、呪縛がかかっているように得点が奪えなかった。「自分の状況で良かったのは、ブンデスリーガがあったこと」と彼は言う。そこでは得点を積み重ねていた。「疑うことはなかった、だけど悩みがあった。」