presented by
Menu
ファン・ハール、ミュンヘンでスタート

バイエルン、新シーズンのプランを考える

いよいよとなる。ルイス・ファン・ハールがトレーニング始動4週間前、バイエルン新監督として、彼の仕事の準備をスタートさせた。同57歳は火曜、09/10シーズンのプランを進行するために、FCバイエルン取締役および来季からスポーツディレクターに就任するクリスティアン・ネルリンガーと会談することになった。

カール=ハインツ・ルンメニゲ代表取締役社長は、「われわれの新監督との話合いで選手について話しあった」とゼーベナー・シュトラーセでの話合いの内容がとくにチームビルディングであったことを明かした。ファン・ハールはヘルマン・ゲルラントとも、話合いを行った。「タイガー」はユップ・ハインケス政権と同じく、トップでアシスタントコーチを続けることになる。

ラーム、ファン・ハールに期待

代表MFフィリップ・ラームは、「大切な補強は監督」と「南ドイツ新聞」とのインタビューのなかでコメント。同サイドバックはファン・ハールとの共同作業を楽しみにしている。「彼はゲームシステムを確立している。僕は、彼が僕たちに秩序、規律そして戦術のイメージを与えてくれることを確信している」とラームはいう。

ファン・ハールの前任ユップ・ハインケスは、AZアルクマール前監督がバイエルンにとって適任者だと信じている。「彼はすばらしいエキスパート、熱心な指導者、明晰で、彼は当時、バルセロナとスーパーなサッカーをしたんだ。彼がFCバイエルンにタイトルをもたらす力があると信じている」とハインケスはfcbayern.deとのインタビューのなかでコメント。