presented by
Menu
早期始動

レンジング、トレーニング開始

ミヒャエル・レンジングが、雨のなか練習をスタートさせた。同25歳は、「GKにとって最高の天気」と笑顔をみせた。彼は月曜昼、GKコーチのヴァルター・ユングハウスとともにゼーベナー・シュトラーセのグランドで黙々とトレーニングを行った。チームの始動は16日後の7月1日から。しかしレンジングはすでにピッチ上にいた。

同GKは、「準備期間からすぐにスタートがきれるように早めに準備する」とfcbayern.deに早期始動を説明。レンジングは挽回したい気持ちがあった。「2ヶ月間、ゴールに立てなかった」と彼は指のケガで、4月の半ばからゴールマウスに立てなくなったことについて振り返った。ユップ・ハインケスのもとではフィールドプレイヤーとしてだけトレーニングしていた。

疲労と充実感

ケガに泣いた時期はすでに去っていた。「フィールドプレイヤーとしても楽しむことができた、しかし自分の職業はGK」と彼はゴールに復帰した後に語った。「ボールを再び受けられることはすばらしいことだった。」チームの始動日まで、彼は日々、ユングハウスとトレーニングすることになる。これに「筋力トレーニングとランニングといった自主プログラムが加わる」と彼は報告。