presented by
Menu
リベリーについて

FCB取締役、誤報を訂正

水曜日に発刊された「スポーツビルド」(09年6月17日)のなかで、ある一定の移籍金でフランク・リベリー選手の退団を許可すること、そして残留を強要しないとのFCバイエルン・ミュンヘン株式会社監査役の決定が報じられた。これは誤報であり、真実ではない。

このためFCバイエルン・ミュンヘン株式会社取締役は、下記に訂正することになった。

1. FCバイエルン・ミュンヘン株式会社監査役で、フランク・リベリー選手を放出するなどの決定はこれまでになく、今でもない。

2. FCバイエルン・ミュンヘン株式会社取締役の営業規則により、選手の移籍について、監査役からの許可は必要としない。

3. FCバイエルン・ミュンヘン株式会社取締役ではフランク・リベリーを放出することはないと一致している。