presented by
Menu
マルク・ファン・ボンメル

「いい感じがある」

マルク・ファン・ボンメル - オランダ人は3年前からFCバイエルンでプレーしている、この間に4人の監督と知り合うことになった。今シーズンから同国出身のルイス・ファン・ハールがレコードマイスターを率いることになった。fcbayern.deは同32歳とバイエルン新監督、彼のトレーニング方法およびFCバイエルンの主将のポストについて話しをした。


インタビュー: マルク・ファン・ボンメル

fcbayern.de: マルク、すでに6日間のトレーニングが終わったけど、ルイス・ファン・ハール監督の印象はどう?
マルク・ファン・ボンメル:「とてもいいね。彼は、自分のしたいことをよく分かっていて、いつも真っすぐなんだ。彼はどのトレーニング前にも、彼がわれわれから何を望んでいて、そして何を目にしたいのかをきちんと言うんだ。もし、われわれがそれを実践できなければ、彼は間違っているとはっきりと口にするんだ。それが彼のやり方で、そこにはいつも人間味があるんだ。」

fcbayern.de: パス練習を数分間、そしていつも行っていることがはっきりと分かったんだけど。
ファン・ボンメル:「そうだね。オートマティズムがでてくるようにしているんだ、そして試合中のある状況のなかで選択するときに1または2秒かせげるようにね。皆が何をしなければいけないのか、どこでパスを受けるのか、そしてどこへパスを出せばいいのか分かるんだ - またはどこへプレッシングをすればいけないのかをね。それがいいチームかどうかを左右するんだ。これでゲームをコントロールおよび支配できるんだ。」

fcbayern.de: このトレーニングについてのチーム内の反応はどう?
ファン・ボンメル:「チームが全てしっかりと受け止めていると思っているんだ。誰もがこれで良くなると知っているからね。監督が、われわれが何故このトレーニングをしないといけないのかをしっかりと説明したんだ。われわれがピッチでバラバラに走らないためにもこれが必要なんだ。」

fcbayern.de: このトレーニングの意図は何かな?どのようなサッカーを今季、魅せることができる?
ファン・ボンメル:「モットーは、コントロールしたオフェンスだろうね。ボールを保持すれば、ピッチ全体を使い、すぐに失わないように試みるんだ、自陣だけではなくてね。そしてリスクがあるのは前線へのパスだけ。もし敵がボールを持てば、いいプレッシングで相手がパスを出すことができないようにするんだ。」

fcbayern.de: 今季はどこでプレーすることになる?
ファン・ボンメル:「これまで、ディフェンダーの前のダブルボランチのいずれかでプレーしていた。もし中盤を、この間のトレーニングマッチのようにダイヤモンドにするのであれば、右のハーフでもプレーすることができる。これが自分がベストにプレーできるポジションだよ。ほかのポジションでもプレーすることができるけど、最終的には監督が全て決めることだよね。」