presented by
Menu
「大切なトレーニング」

ファン・ハール体制初のトレーニングマッチ

たまにアドリブが必要なときがある。木曜午後の練習が雷雨のために開始30分弱で中断した後、ルイス・ファン・ハールは急遽、予定していたオフを変更し、金曜午前にトレーニングを行った。

アンドレアス・ゲルリッツは練習後、「監督が絶対にやりたかった大切なトレーニング」と説明。「筋力および瞬発系のトレーニングであれば、確実に中止にすることはできていた。だけど自分たちがゲームをしたのは、今回が初めて。彼は(中止になった練習内容を)取り戻したかったんだ。」

ファン・ハール、一つのシステムをテスト

ファン・ハールの選手たちは金曜、フィットネスや早いパス交換に重点を置いたトレーニングを3度行った後、初めてゲーム形式のなかでトレーニングをした。フルコートを使った11対11の15分×3本。両チームともフォーバックで、中盤をダイヤモンドにして、ツートップを採用。ファン・ハールはハーフタイムおよび試合後、全選手を集め、戦術的な指示を行った。

ゲルリッツは、「彼は一つのシステムを試したかったようだ、だけどまだ決定のものではない」と報告。ファン・ハール自ら、水曜日のプレスカンファレンスの場で、選手のストロングポイントにシステムを合わせると示唆。ファン・ハールは、「まずは選手を観察しなければならない、そして自分および自分のフィロソフィーに反応するかどうかをみてみなければならない」とコメント。「選手のクオリティーにあった都合のいいシステムを選択することになる。」