presented by
Menu
HSV戦0:1

ファン・ハール:「いい学習材料」

ウリ・ヘーネスは、プレシーズンに入って「初めての本当のゲームだった」とコメント。そして、ルイス・ファン・ハール新監督の下での初黒星となった。T-Home-Cup準決勝でハンブルガーSVに0:1と敗れた後、オランダ人はレポーターの問いに答えた。fcbayern.deはファン・ハールのコメントをまとめてみた。



ファン・ハール: HSV戦0:1のコメント

質問: ファン・ハール氏、ハンブルガーSVに0:1と敗れてしまいました。どう分析されますか?
ファン・ハール:「今日はあまりよくなかった。われわれは悪いゲームをしてしまった。私はいつも、われわれが一試合ごとによくなっていくことを願っている。今日は、それがうまくいかなかった。残念だ。」

質問: 何がよくなかったですか?
ファン・ハール:「ボールポゼッションの際にボールを失い過ぎた。HSVの全てのチャンスはわれわれのミスからだ。そして相手がボールを持っているときに、われわれはいいタイミングでプレスをかけることができなかった。そして、相手のセットプレー時には多くの問題があった。」

質問: ボールを失ったことがチームのビルドアップを妨害したことになりますね。
ファン・ハール:「少しばかりおかしなことだ。われわれはトレーニングで集中的にパスゲームをやってきたんだ。そこではうまくいっていたんだ。しかし、われわれはこれを引き続き、しっかりやっていくことになる。」

質問: ブンデスリーガスタートまでまだ3週間あります。今日の敗戦をどう判断しますか?
ファン・ハール:「基本的には負けるよりも勝つ方がいいんだ。明日の3位決定戦は、ほかのイレブンがピッチに立つことになる。私は彼らが今日よりもいいゲームをしてくれることを願っている。われわれは準備段階の初期段階。選手が私の哲学を実践する時間を得られることが大切だ。われわれはこの2週間でチーム状況の改善点について話すことができると私は考えている。このゲームはいい学習材料になった。」